たかぴす(原田 崇史) 夢に向かって日々努力!

現役医学生起業家、合同会社medical social代表たかぴす(原田崇史)のブログ。優秀な医学生、医師と、成績で伸び悩む医学生、医学部進学を希望する受験生とのマッチングサイト「医学生家庭教師マッチング」に関する情報、日々の勉学に関する記事を書いてます。

医学生医師は見た目が9割!

今日は人として当たり前のことを自戒を込めて書こうと思う。

たかぴす自身ができていないからだ。

 

 

引用

・美容院で切る

・ワックスをつける

・毎日髭をそる

・眉毛を整える

・コンタクトにする

・コンシーラーを塗る

・筋トレをする

・サイズのあった服を着る

・匂いケアをする

これだけで女子のいう清潔感の一次審査を通過できるのに、やってない男多すぎてもったいない https://twitter.com/gatigatitv/status/907201179456643072?s=21

 

有名な医学生、めろんのつぶやき。

女子の言う清潔感の一次審査を通過と書いてるけど、ビジネスでも目上の人と会うときでも、友達といるときでも当たり前だと思う。

 

コンシーラーを塗る、筋トレをするはプラスアルファなので置いといて。

・美容院で切る

一ヶ月に一回切らないとボサボサになる

・ワックスをつける

ビジネスではちゃんとセットして当たり前。今流行りのマッシュヘアーとかセットしてるし、セットしてなくてもそれなりになる

・毎日髭をそる

ヒゲをちゃんと形作って整えるか、ヒゲを毎日剃るか。 たかぴすは、似合わないのでそってます。

 

・眉毛を整える

男はちゃんとしなければ両津勘吉みたいにつながります。ちゃんと剃るか、美容室で月一回整えてもらうか。

 

・コンタクトにする

 

 

最後に自分自身できてないです。正直テスト前とかひどいです。いつもひどいだろってのは置いといて。28歳くらいに見えると言われるのはルックスに対してなんも気をつけてなかったからでしょう。

 

 

で、人として当たり前のこと。

顔の造形は置いといても、

毎日風呂を入る

ヒゲはそるか整える

髪の毛は月一回着る

顔は洗う

清潔な服を着る

ってのは最低限当たり前のことと思うんです。

 

女の子とデートする、営業する、目上の人と会うという時は当たり前としても、

友人と会うときに、

友人が一緒にいて恥ずかしいと思わないような最低限のマナーは守るってのは当たり前やと思うんです。

 

 

医学生は将来医師になります。

医学生時代は目の前のテストをこなす学内試験を受かること、cbtや国家試験を受かること

が大変なので気を使ってないかもしれませんが

 

医師は接客業です。

臨床に携わる医師なら、患者さんと直接話します。その時医師が清潔感なければ誰も受けたいと思わないでしょう。

自由診療の美容外科では、イケメンな医師に患者さんが集まります。

イケメンに顔の造形で勝てません。けど人としての最低限の清潔感がなければまず患者がつかなくて、技術も磨かないでしょう。

 

医師はある意味水商売です。

医師はアイドルです。

 

 

自身が気をつけることは、

脱毛(アレクサンドライト6回→ヤグレーザー)

肌の毛穴やばいので皮膚科でケミカルピーリング

歯が黄色いのでホワイトニング

 

人と一緒にいて不愉快な印象を与えないような見た目になろうと気をつけようと思います。