たかぴす(原田 崇史) 夢に向かって日々努力!

現役医学生起業家、合同会社medical social代表たかぴす(原田崇史)のブログ。優秀な医学生、医師と、成績で伸び悩む医学生、医学部進学を希望する受験生とのマッチングサイト「医学生家庭教師マッチング」に関する情報、日々の勉学に関する記事を書いてます。

ネットの限界 ②ネット経由での医大生同士の交流の限界

ネットの限界シリーズ。たかぴすが各地へ飛び込み営業して気づいたことを述べていきます。今日は医大生同士の交流について述べたいと思います。

 

 

 

www.takapisu.jp

www.takapisu.jp

 

①なぜ交流が少ないと感じたか?

医大生相互支援プロジェクトは優秀な医大生が成績で伸び悩む医大生を支援するプロジェクトです。昨今国家試験の難化により各大学の進級や卒業が難しくなっています。

中には1学年に数十人留年する学校もあります。

 

国公立の医大生に実際話してみました。そうするとその学校は留年する人が少ない大学だったので、進級に厳しい学校があることが知られてなかったんです。

 

なので進級事情を把握されていなかったので、「成績優秀な医大生さんが成績で伸び悩む医大生さんを教えるプロジェクト」の必要性をわかってもらえなかったんですよね。

 

なんで進級事情を知らなかったか、それは医大生は勉強部活で忙しく外部と交流する機会がないからです。

②今の交流の現状

例えば西日本の医学部に通われていて運動部に所属されている医大生さんは西医体というものがあります。 そこでは西日本の医学部の人が一同に集まります。

ですが、バレーボールだったらバレーボール、サッカーだったらサッカーの話題はすると思うのですが、なかなか深い仲になることって難しいと思うんですよね。 

 

イフムサや、東洋医学、救急医療をテーマとした勉強会で交流することはできると思います。 でもなかなか、勉強会って敷居が高くて、学生にとってビビってしまうんですよね。入ったらなれると思うんですが、なかなか行き辛い。

 

このまえ、にほんブログ村の医大生ブログランキングに登録されている学生さんを中心にした「医大生ブログオフ会」あったんですよね。

幹事のたまひよさん、順天堂大学のコロナさん、帝王たきいさんなど様々な人が来られてて、初対面だったんですけど皆さんによくしていただきました!ホンマに楽しかったです!

医学生コロナの Road to Doctor【医師への道ブログ】 | 順天堂大学医学部のコロナが医師になる軌跡 ~すべての医学部受験生・医学生へ向けたサイト~

 

ブログオフ会楽しかったです。こういういろんな大学の人が集まる機会があればいいなと思いました。

ブログオフ会はブログやってないと参加できないんですよね。お互いブログ読んでるからこそ、お互いのことわかってたのしいというのもあります。

 

もっとこういう交流の機会があったら楽しいと思うんですよね。

 

③なぜ交流が必要か

医大生時代は同じ大学の人同士の交流で完結しますが、医師になって病院に就職すると、様々な大学の医師と関わることになります。

円滑な人間関係を築くには相手の背景とかを知ってたほうがいいと思うんですよね。

~大学はこういうところで、~が有名。相手に直接言わんくても、絶対知ってるだけで、より相手の話を理解することだってできます。

 

医師だけでなく、看護師さん作業療法士さんなど病院で働く人達、

患者さんは老若男女問わずいろんな患者さんが来られるんですよね。

 

いきなり外部の人と交流することは難しいと思うんです。まずは、医大生同士で交流することから始めることが、その人から始まっていくと思うのですよね。

 

④医大生相互支援プロジェクトを通じて

優秀な医大生が成績で伸び悩む医大生さんを支援する「医大生相互支援プロジェクト」ですが、最終的には医大生同士が交流できる場になってほしいと思うんですよね。

そんな願いを持ってこの記事を書きました。 

 

今日も夢に向かって日々努力!