たかぴす(原田 崇史) 夢に向かって日々努力!

現役医学生起業家、合同会社medical social代表たかぴす(原田崇史)のブログ。優秀な医学生、医師と、成績で伸び悩む医学生、医学部進学を希望する受験生とのマッチングサイト「医学生家庭教師マッチング」に関する情報、日々の勉学に関する記事を書いてます。

tokyo3days 対談とグレイテスト・ショーマン(ネタバレ注意)

2月28日は発達障害の方の就業支援や着物モデルなど多岐な分野に渡り活躍されている中澤希紀様https://www.instagram.com/maki4490

と、人気医大生ブロガーのたまひよ様と対談させていただきました。 そのあとグレイテストショーマンを観にいきました

f:id:takafumiharada0507:20180301021838j:image

先ほどの記事で、医大生ブロガーたまひよ様の記事はあげさせていただきました。

中澤希紀様の記事は近日中に公開させていただきます。

 

以下は映画のネタバレになるので、鑑賞予定の方は、お気をつけください。

 

グレイトショーマンは19世紀のアメリカの興行師P・T・バーナムの半生を描いた物語です。

友人がこの映画が好きで、見ていたので僕も見たく思ってて、たまひよ様と対談後たまたま上映していたので、鑑賞することにしました。

 

僕がこの映画を見たときに、共感したのが夢を持ち続けることです。

バーナムは貧困な家庭に生まれ、決して恵まれたと言えない生活を歩んでいましたが、どんな辛いときにも弱音を吐かず、夢をずっと語っていました。

 

サーカスを立ち上げ成功するのですが、そのあと放火にあってしまい、財産も取り押さえられてしまいます。

しかし、バーナムは諦めず、土地代がかからないところでまたサーカスを始めました。

 

一番感動するシーンが、放火されて財産がなくなって、一人バーでお酒を飲んでいると、サーカスの仲間が大量に押し寄せてきたシーンです。

 

お金はないよ。給料払えないよとバーナムは言います。けど、メンバーは「バーナムはお金儲けだったかもしれないけど、私たちを救ってくれた。」と。

 

といい、バーナムにお金がなくなった状況でもメンバーはついてきました。

 

これを見て、なにかを成し遂げたくても志があっても、付いてくる仲間がいなきゃなにもできない。

 

お金、名誉、地位ではなく、理念に共感し、

それらがなくなって困ったときでも救ってくれる仲間こそが真の財産なのかなと改めて思いました。

 

〜したらどうしようとか考えるのではなく常に夢を持ち続け、努力すること。〜なったときに考えること、凹まず打開策を考えること。

最後に、夢を持ち、理念に共感してくれる仲間が一番大切なのかなと思った1日でした。