たかぴす 夢に向かって日々努力!

小児科医志望の現役医大生起業家、合同会社medical social代表たかぴす(原田崇史)のブログ。優秀な医大生、医師と、成績で伸び悩む医大生、医学部進学を希望する受験生とのマッチングサイト「医大生家庭教師マッチングfrom医大生to医大生、医学部受験生」に関する情報、日々の勉学に関する記事を書いてます。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

俺のビジネスモデルを図解にしてみた チャーリーさん考案ビジネス図解ツールを用いて

こんにちは。医学部受験生、成績で伸び悩む医大生を学力的に支援するために立ち上げた、医大生相互支援プロジェクトのビジネスモデルを書いてみました。

 たかぴすビジネスモデル

f:id:takafumiharada0507:20180504084516j:image

 

医大生相互支援プロジェクトのビジネスモデルです。

利用者は、講師ユーザーと生徒ユーザー。

まず生徒、講師ともに、医大生相互支援プロジェクト(

https://医大生.jp)に生徒ユーザーとして登録します。

講師は、医大生であることを証明するため、合同会社medical socialに学生書と免許証を提出します。

承認後、講師は指導形式や価格をプロフィールに記入します。指導形式として、家庭教師やカフェ等での対面指導、わからないところを質問するライン指導があります。

指導料金は講師によって異なりますが、ライン相談は一問1000円、家庭教師であれば一時間3000円が目安です。

講師(優秀な医大生、医師)が生徒(成績で伸び悩む医大生)に指導し、生徒が講師にお金を渡します。

運営費用は、①たかぴすブログによる収入②企業様の広告を考えています。①たかぴすブログは一日千人ほどの閲覧数がありこれから伸びていきます。それによりグーグルアドセンスの広告収入が期待できます。

②医大生相互支援プロジェクトは、医学部受験生、成績で伸び悩む医大生、つまり医師になりたい人を包括的に学力的に支援するプロジェクトです。

医学部受験の予備校や、医学部の教科書など、医大生、医師医学部受験生をターゲットにビジネスされている企業様が広告を出していただくことで、医大生医師医学部受験生に効率的にアプローチできます。

 

 昨日の様子

昨日ビジネスモデル図解知って興奮して、深夜の三時くらいまで書いて、寝ても金縛り状態で、ずっと夢でもビジネスモデルについて考えてたんですよね。なれないながらも一時間位でやっとかけました。

これが気合です。腹が減っては戦ができぬ。

ではなく、必死で戦っているときは、ご飯食べてなくても、寝てなくても必死にそのことばっか考えて戦っています。

note.mu

ビジネスモデルの図解とは,

チャーリー (@tetsurokondoh) | Twitter

さんが考案されたツールです。

 

チャーリーさん自身がいろんな企業を見て、このビジネスモデルはよくできている!この感動を伝えたい、どうしたらうまく伝えられるのかな?と思った結果図解にされたそうです!

 

note.mu

 

noteで無料公開されているので誰でも読めます!

めっちゃ面白いんですよね。

格安イタリアンランチである、俺のシェフや

今流行りのポプテピピック

や、即買い取りアプリCASHなどのビジネスモデルをわかりやすく図解されています。

ユーザーとサービス、運営会社の関係や、ものやお金の流れがわかりやすく説明されています

 

f:id:takafumiharada0507:20180504084745j:image

 

ビジネスモデル図解ツールはどうやって作るの?

note.mu

こちらの記事にあるリンクから無料でダウンロードできます。パワーポイントのファイルを保存すると自由に編集することができます。

f:id:takafumiharada0507:20180504084735j:plain

f:id:takafumiharada0507:20180504084742j:plain

画面を3分割して、一番上はユーザー、二番目は企業、

三番目は運営会社です。矢印でお金と物の流れが書かれているので非常にわかりやすいです。

 

チャーリーさんにリプ送っちゃいました

チャーリーさんのtwitterにリプを送らせてもらったら、

完成した図を見ていただけるそうです! めっちゃ楽しみです。

 

f:id:takafumiharada0507:20180504084520p:image

 

記事内で引用させていただきました。詳しくはチャーリーさんのnoteを御覧ください。

note.mu

 

医大生、医学部受験生の皆様へ

 

医大生相互支援プロジェクトは、「講師」(成績優秀な医大生、医師)と「生徒」(成績で伸び悩む医大生、医学部受験生)とのマッチングサイトです。 講師と生徒がマッチングし、指導形式や価格を決定し指導が開始されます。

「医学部受験生」「成績で伸び悩む医大生」ともに医師になりたいという思いは同じです。このプロジェクトを通じて包括的に支援していきたいと思っています。

 

成績で伸び悩む医大生、医学部受験生の皆さん、

教えるやる気のある医大生の皆さん、

 

医大生相互支援プロジェクトへ登録お願いします! 

医大生相互支援プロジェクト

xn--ekrs1lzt1a.jp